ヨンチュンノク(永春屋) 鍾路三街

仁寺洞の通りはお店が開くのが遅く、朝ごはんに迷います。
こちらのヨンチュンノクさんは、なんと24時間無休。
コムタンは、牛の肉・内臓等を長時間煮込んで作るスープだそうですが、
こちらのはさっぱりして、薄切りお肉もたっぷり入り、
元気を出したい朝ごはんにぴったりです。

あまり耳にしたことのないタグィという骨つき肉が人気だそうで、
今度は夜に焼酎呑みながら食べてみたいです。

コムタン 8000won
タグィ  27000won
電話番号 02-765-4237
営業時間 24時間
休日 無休
住所 ソウル特別市 鍾路区 公平洞 130-1


鍾路三街2-1出口を上がり、
映画館を見て、右に曲がると左側にあります。

スクリーンショット 2014-11-29 21.16.28.png


ヨンチュノク.JPG
コムタン 
白濁したお店もありますが、ここのは透き通った茶色。

ヨンチュンノク永春屋1.JPG


ヨンチュンノク永春屋2.JPG
薄きり肉たっぷり
ごはんやキムチ等を入れて食べてもおいしいです。

ヨンチュンノク永春屋3.jpg
ディープな街並みにちょっとレトロでおしゃれな外観



ヨルチャチッ 鍾路

昔は「ピマッコル」にお店をひらいておられましたが、再開発で立ち退きに。
ソウルはどんどん開発が進み、韓屋と呼ばれる伝統的な建物がなくなっていくのも
さみしいかぎりです。
少し間をあけて今の場所で再開されても常連さんがたくさん。
ピンデトッと牡蠣の塩辛とマッコルリは、、ドンピシャな気がします。
油でギトギトのではなく、ふわっと軽く食べられます。
チョゲタンという貝のスープもおすすめで、
汁ものをお酒のあてにする意味がよくかわらなかったのですが、
このスープを飲んで、なるほどなぁと思いました。
大きめの鍋にどんと出され、各自スプーンを突っ込むのですが、
何度スプーン・マッコリ・スプーン・スプーン・マッコリを繰り返したわかりません。
ただ貝のスープはニンニク入りなので次の日、自分が嫌いになりそうです。

ウォンジョビンデットッ元祖緑豆チヂミ 11000won
チョゲタン 貝のスープ 11000won
電話番号 02-734-2849
営業時間 10:00~24:00(ラストオーダー23:00)
休日 旧正月・秋夕の当日のみ
住所 ソウル特別市 鍾路区 公平洞 130-1


鍾閣駅 2番出口を出て直進、下の写真路地を左にはいります。

スクリーンショット 2014-09-17 16.28.47.png


ヨルチャチブ2.jpg
ふわふわピンデトッ

ヨルチャチッ4.JPG
うまうまチョゲタン

ヨルチャチブ4.JPG
細い路地をはいってすぐです。

ヨルチャチッ3.JPG
優しいアジュンマは「写真いいですよ」と手を休めず焼き続ける。
鉄板の真ん中が少し盛り上がり、油が落ちるしくみ。

ヨルチャチブ.jpg
お店のど真ん中にキッチン

ヨルチャチブ3.jpg
椅子は少しガタガタと座りにくく、
奥に座敷もありますが、常連のお酒をたくさん呑む人専用なのか
いつもテーブルに通されます。

韓国の縫い物の先生に連れて行ってもらいました。

味カルメギサル 焼肉

超ディープな焼肉やさん。
夏は外で、冬はそこにビニールシートがはられます。
室内よりも外のほうが席が多そう。
カルメギサルは、豚肉の横隔膜と肝に間にある筋肉の多い部分のお肉だそうです。
ガイドさんとヨーロッパ系の団体様も楽しそうに食事されてました。
いつ通ってもおじさま方だけでなく、若い女性など地元の方でいっぱい。
カルメギサル 11000won マクチャン 10000won


・電話:02-3672-0081
・日本語:不可
・休業日:第三日曜
・営業時間:15:00~24:00
・住所:ソウル特別市 鐘路区教義洞7-1


鍾路3街 6番出口を出て反対方向に少しだけ歩き、下の写真を
左路地に入ると、赤い看板が見えます。

スクリーンショット 2014-09-17 15.29.27.png


味カルメギザル4.JPG
きれいな色のお肉

味カルメギザル5.JPG
このビニールの中は、熱気で冬でもけっこうあたたかい。

味カルメギザル2.jpg
こちらもアジュンマ親切でした。

韓国酒場紀行.jpg

* 注意事項
おトイレですが、ここはパンチがきいてます。
私は怖くて、アジュンマに連れて行ってとせがみました。
優しいアジュンマは、「なんにも怖くないのにと」笑いながら連れて行ってくれました。
お店に吊るされたトイレットペーバーを使用分ちぎり持参し、
少し離れた薄暗い路地にあるトイレで事を済ませ、ホースのようなもので水を流します。
うーんディープな酒場かトイレかビールかトイレか迷いどころです。

IMG_0798.jpg

新逸食堂 韓定食 仁寺洞

カンジャンケジャンで有名なお店ですが、私はお昼の定食がすきです。
美味しいおかずが、机いっぱいに並ぶだけで嬉しくて。
ポッサム・焼魚・ケランチム等いろいろ。
신일정식 シンイル定食 12,000원

・電話:02-739-5548
・日本語:不可
・休業日:旧正月・秋夕の連休
・営業時間:11:30~22:00
・住所:ソウル特別市 鍾路区 寛勲洞 29-17


仁寺洞通り 8キル東側にはいります。

スクリーンショット 2014-09-17 15.20.07.png
この路地はいって、左側にあります。

新逸食堂  02-739-5548 .JPG
一人分です。一人の時は時間をずらしたら大丈夫なようです。

新逸食堂  02-739-5548 仁寺洞.jpg
門の前には日本語でかかれたメニュー

新逸食堂  02-739-5548 おいしい.jpg
中は普通のお家みたいです。

新逸食堂  02-739-5548 メニュー.jpg
新逸定食

61mdWtMVOHL._SL500_AA300_.jpg

旅 2011年 03月号 掲載

AGIO casa イタリアン 仁寺洞

このお店のオススメは薄い生地を香ばしく焼いたピザとデカンタのビール。
ピザを焼く釜もかわいいタイルぱりで本格的です。
ピザは2~3人で分けられるサイズ。 

夕方少しお腹が空いたときに軽くピザを食べてビールを飲み、
買い物をして、また遅めの夕ご飯とか食べます。
何度も食べたいからですが、イタリアンでお腹いっぱいに色々と注文すると
高くつくから、、、、

ピザ 17000won〜
パスタ 11000won〜

電話番号 02-722-0211 
住所 ソウル特別市鐘路区 堅志洞 68-1
営業時間 11:30-23:30(食事ラストオーダー:21:30)
休日 旧正月、秋夕 各当日


曹渓寺の向かい下写真の路地を入り、すぐです。

スクリーンショット 2014-09-19 13.51.40.png



agio 仁寺洞 イタリアン3.jpg
仁寺洞とは思えない。

agio 仁寺洞 イタリアン4.jpg
広い店内には、日本人は見当たらず ちょっとセレブっぽいアジュンマが多いです。

agio 仁寺洞 イタリアン5.JPG
でかでか生ビール。日本より薄いがシャーシャー飲めます。

agio 仁寺洞 イタリアン2.JPG

縫い物の先生に連れて行ってもらいました。

トゥラン 伝統茶 仁寺洞

仁寺洞から少し離れた小道に入ると伝統茶専門店があります。
ユズのパッピンスとおこげが、好きでよく行きます。
店主の方も日本語を話され、優しい方。

おこげのお菓子 ヌルンジカジャ 6000won
パッピンス 8000won
サンファ茶 7000won 等多数伝統茶有り

電話番号 02-745-7420
住所 ソウル特別市 鍾路区 益善洞 166-76
営業時間  11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
休日 月曜日、1月1日・旧正月・秋夕の連休

トウラン HP韓国語


鍾路3街 5番出口を出て、楽園商街の横道を歩き、
下の路地を東に入ります。3分程歩くと右側にあります。

スクリーンショット 2014-09-17 16.13.28.png


トゥラン 伝統茶2.JPG
伝統的な韓屋づくりで、飾ってあるものもかわいいです。

トゥラン 伝統茶4.JPG
かき氷とおこげ

トゥラン 伝統茶3.jpg
中庭におトイレ

トゥラン 伝統茶.jpg
まわりはあまりお店とかありません。

Unknown.jpg

ムギョ サムゲタン 仁寺洞

昔からある参鶏湯の老舗。
観光地なのに、地元のおじさん達で賑わっています。
有名な土俗村は美味しいし、好きですが 並ばないといけないので、
時間もなくてさっと食べたい時にこちらはいいと思います。
参鶏湯 13000won

電話番号 02-734-4635
住所 ソウル特別市 鍾路区 寛勲洞 198-17

ムギョサムゲタン 韓国語


センターマークホテルの東側路地にあります。


スクリーンショット 2014-09-17 15.45.49.png


ムギョ参鶏湯.jpg
さっぱりめのサムゲタンです。

IMG_4394.jpg
少し古い感じのする店内は清潔です。

ムギョ参鶏湯2.JPG

韓国の縫い物の先生に連れて行ってもらいました。