麻・絹・綿 
昔は韓服を作った残り切れを大切に集めておいて、つなぎ合わせて風呂敷等を作ったそうです。
宮で使われていたものは金銀 刺繍が入っていて豪華ですが、普通の家のおばあちゃん達が作っていたものは、形も不揃いで素朴な味わいです。

IMG_2079288FC90AE129288FC90AE129 のコピー.jpg

ミョンジュのポジャギ 80cm×80cm

IMG_8271.JPG

ミョンジュのペゲ

IMG_6315.JPG

ミョンジュのポジャギ 40cm×40cm

IMG_1407.JPG

IMG_1398.JPG

IMG_8273.JPG

IMG_7104.jpg

IMG_1525.jpg

ボジャギ.jpg

IMG_6280.jpg

P5263018.JPG

IMG_1395.jpg

IMG_1388.jpg

IMG_0082.JPG

P1014289.JPG

IMG_1410.jpg

IMG_1423.JPG

IMG_0902.jpg

IMG_4102.jpg

ボジャギ 針山2.JPG

IMG_1189 2.jpg

IMG_0658.jpg

IMG_1413.jpg

P1014286.jpg

P1014295.jpg

IMG_6299.JPG

IMG_4104.jpg

P1014288.jpg

P1014283.jpg

IMG_1409.JPG

ボジャギの首ぐるぐる.JPG

P1014292.JPG

IMG_1192.jpg

IMG_3873.jpg

IMG_4130.jpg

IMG_3876.jpg

IMG_1387.jpg

IMG_8225.JPG

IMG_3503.JPG

IMG_1384.JPG

IMG_1272.jpg

IMG_0083.JPG

ポジャギ 青.JPG

ポジャギ 風呂敷.jpg

ポジャギティシュ入れ.jpg

ポジャギ ソーイング入れ.jpg

IMG_5894.jpg

P1014291.JPG

作成者  F yoko

広蔵市場で買ってきたミョンジュやヤンダン・スッコサ等を、隣どうしにくる色や柄が合うものを、なんとなく繋いでいきます。
出来上がりの大きさや雰囲気もわからないまま縫い続けると、全く想像していなかったものになったり、、、
カーブをつけて縫い続けたら、ぶあぶあと浮いておさまらず、完成しなかったり、、、
アイロンの温度を高くしすぎて、1ヶ月かけて作った物のど真ん中を焦がして泣いたり、、、

試行錯誤の繰り返しですが、自分で四角に切って縫い合わせるよりも、古い生地や残り布を集めて縫い合わせたほうが、
少し味わいのあるものができるような気がしてきました。